浮気調査の費用【相場・料金体系】についての基礎知識

夫が浮気しているかも!妻に不倫相手がいるらしい!そのモヤモヤを解決するための、プロによる「浮気調査」について簡潔にまとめました。特に気になるのは、費用でしょう。証拠をつかんだとしても、高額な請求をされては、たまりません。このサイトでは相場もお伝えします。
MENU

浮気調査のを依頼する人が増えています

『旦那が浮気をしているかもしれない』
『妻が不倫相手と会っている気がする』

 

そういう時に、浮気調査を探偵事務所に依頼するという方が増えてきています。旦那様や奥様の行動を尾行したり、張り込みしたりなどをして、浮気の証拠を代わりに集めてくれるシステムです。浮気調査の目的は、離婚請求や、慰謝料請求、事実確認などとなっています。

 

浮気調査の目的は大きくふたつあります。

  • 決定的証拠をつかんで、離婚して慰謝料を請求する場合
  • 事実を明確にして、できれば円満によりを戻したい場合

ですがどちらの場合でも、はっきりした事実を知ることで、一歩前に進むことができるという点では共通しています。

 

なお、離婚や慰謝料といった場合ですと、話し合いだけでは決着がつかないので、裁判にもつれこみます。裁判で有利になる方法は、『法的に有効な』浮気の証拠をつかむことです。曖昧な証拠では、相手も離婚に応じぬままで、更に慰謝料も取れない可能性があります。そういった決定的かつ法的で有効な証拠を掴んでもらうためにこそ、プロの浮気調査が役に立つと考えてよいでしょう。

浮気調査の内容と費用の相場

では、気になる調査内容とその相場について話してゆきましょう。

 

浮気調査では、最低2人の調査員がチームになり行います。料金はピンからキリまでありますが、低料金で、単独に調査するという探偵社はアマチュアか、費用さえ取れれば結果が出なくてもいいという所が多いので気をつけましょう。

 

浮気調査の費用の相場としては、例えば、調査員2人から3人で、3日〜5日程の調査ですと、30万円〜80万円程になります。ですが、調査の仕方により費用は大幅に変わってきます。浮気が行われる日時や場所など、ピンポイントで分かっていると、調査はスムーズに進み費用も抑えられます。逆に出張旅行等の機会での調査ですと、調査員の飛行機代や新幹線代も掛かりますので、費用はかさんでしまいます。

 

また、料金体系は、稼動時間制、パック制、成功報酬制の3つがあります。成功報酬制は、着手金と成功報酬となるので、最終的には非常に高額になる場合があるので注意しましょう。稼動時間制というのは、稼動した時間分だけ支払うかたちになります。その場合、もし、事務所の過失等で浮気調査が失敗した場合は、その時点で調査を打ち切り、料金は0円となることもあります。

 

調査費用の見積りの仕方としては、最初に提示される見積り金額を原則として超えないようにする仕組みや、後から請求が加算されていく仕組みもあります。他に費用を安くしたい場合は、浮気相手の個人情報など、ホテルの領収書のコピー、電話やメールの履歴など、超さのヒントになる証拠を提供するとよいでしょう。これらの情報押さえておくことで調査期間が短くなり、安く済ませる事も可能だからです。

 

浮気調査に必要な日数は、一般的に4〜5日と言われています。多くの場合は、慰謝料を浮気相手にも請求する方が多いので、その為には、浮気相手の住所、連絡先、勤務先を調べる必要があります。安く済まそうとし過ぎて、調査員の人数まで減らしてしまうと、1人で調査するので、かえって日数が延び、高くなることもありえます。

 

さらに、浮気調査には予備調査というものが必要になることがあります。別名事前調査や下見調査等と言われる場合もあります。予備調査をする目的としては、人員の配置や、車の配置、など、本格的な調査をするにあたって、行われます。依頼者から聞き取りした情報だけで不十分な場合に行われます。

探偵事務所は信頼できるところに頼みましょう

さて、探偵事務所のホームページを見てみると、オフィスが一つしか無いのに、全国対応してくれるという事務所があります。それは、連携している他の探偵事務所があるので全国対応ができるという事務所でしょう。毎回出張を繰り返し行ったりすると、当然料金が高くなりますから、お互い連携して、以来の場所に応じた探偵事務所が対応する仕組みとなっているわけです。

 

なお、電話だけで、事務所には直接行かず依頼される方が居ますが、それはやめたほうがよいでしょう。一度は自身で事務所まで行くことをおすすめします。こういった浮気調査等を利用し、多額のお金を請求する悪徳業者も少なからずいますので、一度は事務所に行き、そして他のスタッフの雰囲気も確かめておいた方がいいです。

 

浮気調査の契約をする前に、どれ程の日程がかかり、調査員は何名で、車や交通機関を利用するのかを確認し、自分が納得してから契約を進めるべきです。たとえ離婚や慰謝料請求のための証拠を揃えるつもりではなくても、きちんと調査が出来ていないと、何の解決にもならないことがありますので、しっかりした探偵社に依頼するべきです。

このページの先頭へ